【Amazon輸入】メーカー取引の確率を上げる方法

 

こんばんは、須藤俊彰です。

 

 

本日は、メーカー取引の確率を上げる方法というお話をしていきます。

 

 

メーカー取引の確率を上げる方法

 

 

メーカーとの取引は様々な条件がありますが、メーカー側の取引条件として以下条件をクリアしていると契約確率が高いことが分かりました。

 

 

実店舗運用

独自サイト運用

法人登記

商品の専門家

 

 

これらを満たしているだけでメーカーと取引をしてもらえると確率がぐんと上がります。

 

 

順番に解説していきますと、実店舗運用ですが実際にお客様に手にとって購入してほしいという会社理念があるところがあり、ネットでバンバン売っていくよりかは1つ1つ接客をして販売して欲しいというスタンスです。

 

 

独自サイトはAmazon販売だけですとAmazon販売は既にいたり、Amazonは自社で運営したいという理由からそれ以外の販路で販売してほしいというメーカーもあります。

スポンサーリンク

Amazon同士で販売ですと価格を守らないセラーが出てきて価格競争などが起こるリスクを回避しています。

 

 

法人登記は、やはり個人よりかは法人の方が社会的に信用があるということになります。

 

メーカーもどこのどいつか分からない人に商品を販売するのはリスクになりますので、社会的に信用がある人に販売していきます。

 

 

商品の専門家は自社商品をお客様へ説明ができるか?ということです。

知識がない素人が顧客対応出来るなければ販売した後などびアウターケアができないというわけです。

ある程度その分野の知識がある方がメーカーとしては安心して販売出来るということになります。

 

 

というわけで、もしあなたがこれからメーカー契約を申し込む際は上記事項を満たしているか今一度確認してみることをお勧めします。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る