【Amazon輸入】利益率を最大化して販売する

 

こんばんは、須藤俊彰です。

 

 

本日は、利益率を最大化して販売するというお話をしていきます。

 

 

利益率を最大化して販売する

 

 

Amazonで販売するとカートの取り合いなどで値下げ合戦をするため利益の削り会いをしてしまうため、利益率を最大化にすることがなかなかできません。

 

 

ですが、セラー側の心境としては利益率を最大化して効率よく稼ぎたいものです。

 

 

ではどうやって利益率を最大化して販売することができるのでしょうか?

 

 

独自商品を作ったり、独占販売権などを取得して独占販売するのが定番ですが、とはいても簡単に初心者ができることではありません。

 

 

ですので資金が少ない個人や初心者でも利益が最大化できる方法をご紹介していきます。

 

 

まず、Amazonで販売する際ですがカートの取り合いをせずに値下げ合戦に入らないことが一つです。

スポンサーリンク

 

 

それはどういうことかというと、値下げ合戦を終わってそのあとに定価で販売するということです。

 

 

商品ページを見ればわかると思いますが、全員が全員値下げ合戦に参加していません。

 

 

参加していない人は時間差でゆっくり定価販売してしっかり利益を最大化にして販売しています。

 

 

これはある程度保管料が掛かる可能性がありますが、それでもしっかり利益を最大化することができるので余裕があれば価格を下げずに待ってみることをお勧めします。

 

 

これができるようになると大きく稼げるようになります。

 

 

しかし資金に余裕がない方は資金繰りが優先ですので、値下げをして販売する必要があります。

 

 

あなたの資金と照らし合わせて判断してみてください。

 

 

本日は以上です。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る