【Amazon輸入】輸入品の不良品は付き物

 

こんばんは、須藤俊彰です。

 

 

本日は、輸入品の不良品は付き物というお話をしていきます。

 

 

輸入品の不良品は付き物

 

 

輸入品についてよくありがちなのですが、不良品という形でお客様から返品があります。

 

 

私見ですが国内品より輸入品の方が若干返品率は高い気がします。

 

 

大切なのは実際に返品があったときにどのように対応するかということです。

 

 

そして返品があったときにどのように思い、対応するかになります。

 

 

最近よく返品であるのが品でもないのでに不具合品と偽って返品するケースです。

 

 

要するにクレーマーです。

 

 

実際に商品を確認すると正常に動くので全く異なる理由で返品されることはよくあります。

スポンサーリンク

 

 

あとは使い方が分からなかったりや他で安く販売されていたなどが原因で返品されることがあります。

 

 

出品側としてはこういったお客様は一定数存在しますので、返品があるからこの商品は取り扱わないなどするのは非常にもったいないことです。

 

 

返品理由をバイヤーの鵜呑みにせずにしっかり確認してアクションすることをお勧めします。

 

 

Amazon側もバイヤーの言われるがままですので、しっかり確認してクレーマーであればへ通報するなどしてそういったクレーマーを排除していくことも大切です。

 

 

というわけで、返品は一定数怒りますが、返品があった際は返品理由をしっかり確認し実際の商品はどうなっているかも確認することをお勧めします。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る