【Amazon輸入】FBA補填について

 

こんばんは、須藤俊彰です。

 

 

本日は、FBA補填についてお話をしていきます。

 

 

FBA補填について

 

 

FBA納品していると発送まで全てAmazonが対応してくれますので、便利なわけですが万が一Amazon側の手違いで商品を破損させたり無くしてしまった場合は

 

 

Amazonが補填という形で商品金額をある程度弁償してくれます。

 

 

この時の弁償金額はセラーセントラルに記載してありますので、詳しくはセラーセントラルをご確認ください。

 

 

FBA補填ですが、Amazon倉庫内で問題が発生した場合は事後報告という形であとあとに通知が来るのですが、万が一倉庫外でトラブルが発生した場合はFBA補填という

 

 

形で通知が来ないことがあります。

 

 

というより返品という形でお客様から連絡が来て返金返品対応というケースが多いです。

 

 

ですが、返品返金内容を確認すると必ずしもセラー側の責任でない場合があります。

 

 

そういった場合でもAmazon側からはセラー側に問題があるという形で連絡が来ますので、そのあたりはしっかり確認した方がいいです。

 

 

例えば実際にあったトラブルとしてご紹介しますと、割れ物商品をFBA納品して納品時としては問題なく納品完了したわけですが、実際にお客様が購入して商品が届いたときには割れていたということがありました。

 

 

購入者に確認したところ箱から空けたら商品が割れており、梱包箱にも割れ物表記がしていなかった状態だったので恐らく輸送時に割れたのではないかということです。

 

 

この状況を確認してAmazonへ連絡したところ、通常の出品者負担からAmazon側のFBA補填に変更になったということがありました。

 

 

というわけで、お客様から返品返金があったからといって必ずしも全て出品者負担ではないことがありますので、しっかり状況を確認しておくことをお勧めします。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る