商売を始めるあなたに解説します【完全無料】

商売を始めるあなたに解説します【完全無料】

 

これから商売を始めるならどんなことするのがお勧めですか?

何か新しいことをやってみよう!現状が不安で商売を始めたい!!

 

という方へお答えします。

 

記事内容

  • 商売を始める目的は?
  • 商売を始めるならこれはやめとけ
  • 今から始める商売お勧め5選

 

 

商売歴3年以上の実績を基に解説していきます。

 

 

商売を始めるあなたに解説します【完全無料】

 

あなたが商売を始める目的は?

 

先ずは商売を始める理由があるかと思いますが、どんな目的で商売を始めようと考えていますか?

 

人それぞれ目的があると思いますが、多くの場合は以下の理由になるかと思います。

 

  • 稼ぐために商売を始める
  • 趣味で商売を始める
  • 暇だから商売を始める
  • 親の仕事を継ぐために商売を始める

 

こんな感じじゃないでしょうか?

 

そしてこのブログを読んでいる読者も稼ぐために商売を始める若しくは趣味で商売を始めるという方が多いかと思います。

 

今回は稼ぐために商売を始めるというあなたへ役立つ情報を発信していきます。

 

 

商売を始めるならこれはやめとけ

 

商売にもいろんな種類やジャンルがあると思いますが、いきなりこういう商売をしない方がいいというお話をしていきます。

 

ズバリ、店舗を構えて従業員を雇ってやる商売です。

 

具体的にどんな商売か?

 

  • フランチャイズ
  • リアル店舗で接客が必要なもの
  • オンラインでできないもの

 

以前までは商売を始めるなら店舗を持って人を雇いレバレッジをきかせて利益を上げるモデルが主流でしたが、これから始めようと考えているのであればやめたほうがいいです。

 

なぜならインターネット時代ですので、多くの方がインターネットを利用して購入したりできるためわざわざ店舗を構えて人を雇って商売をする必要がないからです。

 

そして店舗を構えるには資金が必要ですし、資金がなければ銀行に融資を貰わないといけません。

 

人を雇うとなると固定費が必ず掛かります。

 

 

インターネットを使える商売であれば店舗を持つほどお金をかけることなく商売を始めることができます。

 

 

なのでインターネットを使って商売をできないものはやめた方がいいです。

 

 

 

今から始める商売お勧め5選

 

基本的にインターネットを使う商売です。

 

インターネットを使う商売でもいろんな種類がありますので、ご紹介していきます。

 

  • 物販
  • ブログ
  • アフェリエイト
  • プログラミング
  • FX

 

順番に解説していきます。

 

 

物販

物を仕入れて販売する商売です。

インターネットを使って仕入れができ販売をすることができます。

時々電話で問合せなどがある為、電話対応もありますが、ほとんどインターネットを使って完結する商売です。

ある程度稼げるのでお勧めです。

 

ブログ

読者へ価値のある情報を提供する商売です。

情報を売るなどといういい方もありますが、こちらは完全インターネットのみです。

ほとんどお金を掛けずにできる商売ですので、利益率は物凄くたかいですが、ブログを書くことは少し大変です。

 

アフェリエイト

ブログを書いている人ではアフェリエイトをしている人も多いです。

スポンサーリンク

商品などを紹介して紹介料という形で報酬を貰います。こちらも完全にインターネットを使う商売となりますが、ブログ同様に大変ではありますが、ある程度稼げます。

 

プログラミング

今のインターネット時代には欠かせない職種です。

アプリを作ったりホームページを作ったりなどする商売ですが、スキルを身につければ個人でも企業から発注を受けられるようになる商売です。

今の時代にプログラミングスキルがあると強いと言われています。

 

FX

こちらは資金がある人のみやってください。

資金がないのにやるのは危険行為ですので、ある程度余裕資金でやるようにしましょう。

単発で大きく稼げますが、継続するのは非常に難しいと言われています。

 

 

 

インターネットを使う商売にもいろいろな種類がありますが、これから商売を始めるならインターネットを使う商売にすることをお勧めします。

 

 

 

まとめ

  • 商売を始めるならインターネットを使う商売にした方がいい
  • インターネットを使う商売はたくさんある
  • インターネットを使う商売は稼げる

 

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る