物販の販売方法について解説します

物販の販売方法について解説します

 

物販の販売方法についてどうやって販売したら売れるの?

どこで販売したら儲かるのか教えてください!!

 

こんな質問にお答えします。

 

記事内容

  • 物販の販売方法についてわかる
  • 物販の販売にはどこがおすすめかわかる

 

物販歴3年以上の実績を基に解説していきます。

 

 

目次

  • 販売先プラットホーム紹介
  • 初心者にお勧めのプラットホーム
  • 販売戦略

物販の販売方法について解説します

物販プラットホーム紹介

  • Amazon
  • 楽天
  • Yahoo!
  • ebay
  • メルカリ

基本的には上記プラットホームを活用して販売することをお勧めしています。

それぞれ強みなど特徴がありますので順番に解説していきます。

 

Amazon

より多くの方が利用しているのがAmazonです。

何と言っても広告力やFBAなどがあり、とても販売しやすいですが価格競争などが頻発するため利益を上げることができない商品もあります。

基本的にカタログ形式ですので1商品に1ページのみとなり、そのなかで各セラーがはんばいをしていく形になります。

また手数料が高く、規約などが厳しいのも特徴の一つです。

 

楽天

Amazonの次に利用者が多い楽天ですが、Amazonとは違い楽天市場なので各セラーがそれぞれのページを作成して販売していきますのでAmazonほど価格競争が起こったりなどはしません。

手数料もAmazonほど価格競争が起こったりなどはしません。手数料もAmazonほど高くありませんので人気の理由の一つでもあります。

Amazonを使いたがらない業者は比較的楽天を使っているとこは多いです。

 

Yahoo!

マニアに人気のヤフーオークションを始め、Yahoo!ショッピングなどもあります。

こちらは手数料が安く、1円出品などもあり、Amazonや楽天とはまた違ったプラットホームですが比較的利用者が少ないため、そこまで価格競争などで対立することは少なく、利用者が少ないため穴場といわれています。

 

ebay

日本にはないので知らない人もいるかもしれませんが、大手海外ショッピングサイトになります。

全世界で利用している巨大サイトなので販売商品なども多数あります。こちらは基本的には輸出になりますのでお客様は海外の日本画が通じないお客様が多いです。

しかし、日本国内だけでなく全政界で利用している方がいるため、非常に面白いマーケットなのは間違いありません。

 

メルカリ

若い女性が多く利用しているのが特徴的で基本的に不用品を販売するというプラットホームです。

スマホで写真を撮って簡単なコメントを書くだけという簡単で誰でも出品できるサイトです。

手数料は若干高いですが、登録費などが掛かりませんので非常に多くの若者が利用しています。

若い女性利用者が多いため、Amazonや楽天、ヤフーとは全く違う商品が売れています。

スポンサーリンク

 

 

初心者にお勧めのプラットホーム

扱う商品によって販売するプラットホームが変わってきますので一概には言えませんが、ほんとのビジネス初心者であれば会員登録費が掛からないリスクのないことから始めるのをお勧めします。

なぜなら大した金額ではないかもしれませんが、ビジネスをするには月会費や年会費などは初期費用で掛かるのは当然ですがいきなり始めようとする人には抵抗があるかなと思います。

そして物販は基本的には先に物を仕入れて販売しますので、商品を買う必要があるのでなおさらそうです。

なのでここではメルカリで基礎を積み重ねることをお勧めしますが、資金などが余裕があり、ビジネスも多少は経験があるのであればYahoo!やAmazon辺りがいいのではないでしょうか。

 

メルカリは登録費用なしででき、基本的に不用品を販売するサイトですので不用品を販売して物販とはどういうことかを実体験してみるのがいいです。

実際に売ってみると物販のことが少しずつ分かるようになりますので、次はこういう商品を出品するなど、価格はこうするなどいろいろな視野が大きくなってくるかと思います。

 

なでもそうですが、頭で考えるのと実際にやってみるのでは大きく違いがあるため、ギャップをなくすようにするためにも実体験をする必要があると思います。

私用の不用品から利益を出すことは難しいかもしれませんが、新品未使用品の不用品であれば価値はそこまで下がりませんのでそのあたりも経験を積んでいくとわかるようになります。

 

 

 

販売戦略

最初は低資金で無理のない範囲で仕入れをしたりするようにしてください。

そこまで資金に余裕がある人は少ないと思いますので、最悪売れなくても大丈夫くらいからスタートしてみてください。

いきなり10万円、20万円分仕入れてけど待ったく売れなくて生活ができないということになると精神的に辛くなってきますしビジネスができなくなってしまいます。

なので数千円くらいのものを一つ買ってみてください。

そしてもう一つ販売するにあたり大切なことがあります。

それはこれは売れそう、これは有名だから売れるという考え方は捨てるようにしてください。

恐らくその考えは間違っている可能性が高いです。

実際にその商品が売れているのかを調べてから販売するようにしてください。

いくら人気で有名でも実際に売れていなかったら売れない可能性の方が高いです。

例えば、日本で納豆やワサビ、梅干しは人気でもアメリカでは全く売れないかと思います。これと同じで人気の商品でもその国で売れるのかを調べる必用があります。

ここでいうと日本で人気だけど、メルカリでも人気化?これが重要になってきまうS。

あなたの価値観ではなく、データを基に販売戦略をするようにしてください。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る