輸入通関の目的について【分かりやすく解説します】

輸入通関の目的について【分かりやすく解説します】

輸入をしようと思っているけど通関って何?輸入通関は聞いたことあるけど、あまり詳しくない。通関するにはどんな手続きが必要なの?輸入通関について詳しく知りたい!

こんな質問に解説していきます。

 

記事内容

  • 輸入通関について詳しく知ることができる
  • 輸入通関時の注意する点

 

輸入ビジネス3年以上の実績があるため、今は少し分かりますが輸入ビジネスを始めた当初は全く分かりませんでした。

通関?なにそれくらいのレベルです。

分からないことがあると輸入ビジネスをやるのも不安になってしまいます。なので輸入通関をあまり知らないあなたのお悩みを解決できたらと思います。

 

目次

  • 輸入通関とは
  • 輸入申告について
  • 通関検査について

 

 

輸入通関について詳しく知ることができる

輸入通関とは

輸入通関とは、輸入者が税関に対して輸入申告を行い、所定の審査・検査を経て、関税・消費税等を納付し輸入許可を受けるまでの一連の手続きのことです。

保税地域への搬入
外国から到着した貨物は、まず保税地域に搬入されます。保税地域とは、関税・消費税等の課税が留保された状態で外国貨物の一時的な蔵置が認められた場所で、通関手続きをするための場所でもあります。

商品を輸入する際は輸入通関は必須となり、インボイスと商品を検査されます。万が一商品や書類に不備があると輸入者の連絡先へ連絡があります。

通関をするのは通関業者がやってくれますので、特に輸入者は何もすることはありませんが、輸入禁止商品や輸入規制商品、偽物などは通関で引っ掛かり輸入することはできません。

そのあたりの確認とインボイスを準備しておくようにしましょう。

スポンサーリンク

 

輸入申告について

輸入者は、外国貨物を保税地域に搬入した後、必要な書類を添付して輸入(納税)申告書を税関に提出し、輸入申告を行います。輸入貨物には関税・消費税等が課税されるため、輸入申告と同時に納税申告を行うことになります。
現在は、輸出入・港湾関連情報処理システム(NACCS)を利用し、システム上での電子申告手続きが広く活用されています。電子申告は、通関業者の専用システムからNACCSへアクセスして行う必要があります。このため一般の輸入者が電子申告をする場合は、通関業者に申告手続きを依頼することになります。

輸入するあなたは正しい金額を申告するだけであとは通関業者が全てやってくれますので、これといって難しいことはなに一つありませんのでご安心ください。

 

 

輸入通関の注意事項

通関検査について

提出された申告書類は税関の審査を受けます。税関が必要と判断した場合、現物検査が行われることもあります。

通関検査が無事終わると、輸入者が関税・消費税等の税額を納付後、税関から輸入許可書が交付されます。NACCSによる申告の場合には、輸入許可書が通関業者の端末に送付されます。通関業者はこれを印刷し荷主に回付します。

税関による輸入許可書が交付されて初めて、輸入者は輸入貨物を保税地域から引き取ることができ、これを国内貨物として流通させることが可能になります。

 

注意事項

通関検査には正しい商品金額を申告するようにしてください。多少金額が違っていても検査合格することはありますが、それは脱税で立派犯罪行為になってしまいます。

万が一後日発覚した場合は、追徴課税と手数料が発生する恐れがありますのでお気をつけください。

 

あとは、商品が私用か商用とでも課税率が変動してきますので、万が一商用でしたら商用の旨予め通関業者へ連絡しておくと問題ないです。

 

 

まとめ

輸入通関と聞くと難しそうなイメージだったりしますが、これといってやることはありませんし正しい金額を申告するだけですので、輸入ビジネスをする方は怯えずにどんどん邁進しましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る