輸入 円高 | TOSHIAKI’s Blog

輸入は円高に得する

輸入すると時円高は徳をする、円安は損をするってきくけど、円高円安がよくわからない。

輸入ビジネスは円高は稼げるけど、円安は稼げないの?というお話について解説していきます。

 

記事内容

  • 円高とはいくらのことか

  • 輸入ビジネスの円高円安について

  • 輸入ビジネスの円高円安

円高とは

円が外国通貨に比べて相対的に価値が高まること。
つまり、円の価値が上がることです。

 

  • 円高のメリット

  • 今は円高or円安

円高のメリット

輸入するビジネスをする人や直接海外から輸入する人、日本人が海外旅行へ行く際は円の価値が高い為、比較的お得です。

1ドルあたりは数十円などしか変わらないかもしれませんが、ビジネスや大きな買い物、旅行などでは大金を使いますので、かなり大きいです。

特に買い物や良好などは円高の時にすることをお勧めします。

 

今は円高or円安

少し前に比べると円高になると思います。

現状1ドル106円くらいですが、少し前は115円から120円くらいまで円安になっていました。

私の知ってる限り円高は90円くらいまでいっていたのを覚えています。

なので比較的円高の方になるかと思います。

スポンサーリンク

 

輸入ビジネスは円高か円安どちらが得する

  • 輸入ビジネスの円高

  • 輸入ビジネスの円安

輸入ビジネスをしていると円高だから儲かる、円安は儲からないという人がたまにいますが、結論から言いますとどちらでも設けることができるのでご安心ください。

 

輸入ビジネスの円高

輸入ビジネスの円高は先ほど説明した通り、安く仕入れができるので定価販売ができればその分利益を上げることができるので輸入ビジネスの円高は非常にラッキーです。

輸入する人は円高に仕入れておくとしっかり利益を上げることができます。

なので輸入者は常にネットなどで情報をウオッチしておくお得に仕入れることができます。

 

輸入ビジネスの円安

それでは輸入ビジネスの円安はどうなのかというと、円高に比べると仕入れ価格などが高騰していいますが、その分販売価格も値上げしますのでそこまで変わりません。

仕入れ価格が上がるということは販売価格も値上がりますので円高、円安だからといってそこまで大きく変わりがありません。

寧ろ円高の頃は頃は実践者が多いですが、円安になるとライバルが減るので円安の方がチャンスが多くて個人的にはやりやすいです。

というわけで、ビジネスにおいて円高、円安とはあまり影響がなく、個人的には円安の方がライバルが減るので独占状態で販売ができるので、寧ろより稼げる気がします。

 

 

以上、最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る