Amazon出店で副業する | TOSHIAKI’s Blog

Amazonに出店して副業で稼ぐ

Amazonで出店したい方、これから副業を始めたいと考えている方や初心者向けに書いているブログです。

Amazon出店で月収50万円以上稼いでいる実績を基に、日々役立つ情報を発信しているので副業でも稼げるようになります。

 

記事内容

  • Amazon出店して副業をする理由
  • Amazonに出店して副業で稼げる金額

実際に3年ほどAmazon出店している立場からブログを書いていますので、ある程度的を得たことを発信できるのではないかと思います。

まだまだ年数は浅いですが、Amazon出店で月収50万円以上稼げるようになりましたので、少しでも参考になればと思います。

少し前の実績ですが、Amazonアカウント1つで月商400万以上達成しました。

必要経費などを差し引いたらだいたい月収50万円くらいになる計算です。

 

Amazon出店して副業をする理由

理由は以下の通りです。

  • AmazonFBAサービスが使える
  • Amazonで購入する人が多い

AmazonFBAサービスが使える

Amazon出店して副業をするならFBAは必ず利用するようにしてください。

FBAとは商品の保管から注文処理、配送、 返品対応までをAmazonが代行するサービスです。

AmazonFBA:https://services.amazon.co.jp/services/fulfillment-by-amazon.html

商品をFBA倉庫に置いておくだけで国内でも海外でもAmazonが発送手配をしてくれます。

これの大きな利点として面倒な作業をAmazonが全てやってくれるということです。

Amazon出店してFBAを利用したらAmazonがほとんどやってくれるので、副業としてはとても楽に稼げることができます。

 

Amazonで購入する人が多い

Amazon出店して稼げるのはAmazonで買い物をする人が増えているのも一つです。

実際にグーグルでの検索に欲しいものなどを検索するとAmazonサイトがトップに出てきます。

トップに出てくるのでついつい検索して購入してしまうお客さんが多いわけです。

もう一つの理由としてはAmazonで出店して副業していると分かると思いますが、1円ずつに値下げ合戦などしてどんどん販売価格が安くなる傾向がありますので時期によってはかなり格安で商品を購入することができるのも特徴です。

 

Amazonに出店して副業で稼げる金額

  • Amazon出店なら副業で誰でも月収20万円稼げる
  • 副業でも月収50万円以上稼げるビジネス

 

Amazon出店なら副業で誰でも月収20万円稼げる

Amazon出店してから最初は全く稼げなかったのですが、半年過ぎたくらいから少しずつ稼げるようになって1年くらい経つとある程度コツが掴めるようになり、月収20万円くらい稼げるようになりました。

最初は遠かった20万円ですが、今考えると本当に簡単に誰でも副業で稼げるビジネスだと思います。

当時は達成感もあり、目先のことで余裕がなかったかもしれませんが、20万円稼ぐことは簡単にできます。

資金もいりませんし、副業で数少ない商品で達成できますのでAmazon出店で副業はお勧めします。

 

副業でも月収50万円以上稼げるビジネス

月収20万円は誰でも簡単に副業で稼げるというお話をしましたが、月収50万円以上稼ぐにはは少しだけ難易度が上がってきます。

スポンサーリンク

難易度と言ってもそこまで高いわけではないのですが、20万円稼ぐのに比べると倍以上ですのである程度仕入れ資金などが必要になってきますし、商品数なども増えてくると少しだけ大変になります。

月収50万円と副業で聞くとすごいなーと思うかもしれませんが、案外思ったより簡単に稼げますし寧ろもっと稼いでいる人ががいるので月収50万円は少ないイメージです。

ですが、Amazon出店なら月収50万円以上稼げるビジネスですので副業で始めた方が本業に変わることはよくあることです。

 

よく聞くのがAmazonは手数料が高いからなかなか利益率が悪いなどありますが、確かに手数料が物凄く高いです。

手数料が高い分初心者は販売しやすい訳ですが、手数料が高くても選ぶ商品を間違えなければしっかり稼ぐことができます。

なので、まずはAmazon出店で基礎を作り、ある程度慣れてきたら他でも販売できるようにするといいです。

 

なので初心者の方副業の方は特にAmazon出店でビジネスをすることをお勧めします。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る