amazon輸入 ツール紹介

amazon輸入 ツール紹介

 

Amazon輸入で便利なツールってどんなものがあるか?

Amazon輸入で必要なツールやお勧めのツールがあれば教えて下さい!

 

こんな質問にお答えしていきます。

 

目次

  • Amazon輸入のツール一覧
  • Amazon輸入で稼ぐために必要なツール紹介
  • ツールを100%信用してはいけない理由

 

 

Amazon輸入歴3年で、現在月に50万円以上稼いでますが、今まで無料のツールから高額なものまで試してきた経験を基に解説してきますので、ある程度は信頼できるかなと思います。

 

Amazon輸入のツール一覧

 

Amazon輸入関連のツールはめちゃくちゃ多く、全て把握するのは難しいですが、最近よく聞くものをピックアップしました。

 

  • アマテラス
  • 在庫チェッカー
  • camelcamelcame
  • keepa
  • Chrome拡張機能
  • モノレート
  • The Top Seller
  • AMZ Seller Browser

 

この中の半分くらいは実際に利用していたものもありますが、正直んーっという感じです。

 

なので私が実際利用してみた中でお勧めするツールをご紹介します。

 

Amazon輸入で稼ぐために必要なツール紹介

 

結論、私が実際に使ってみていいなと思ったツールはこれです。

 

  • camelcamelcame
  • keepa
  • Chrome拡張機能
  • モノレート

 

便利なツールはたくさんありますが、私はこれだけあれば月収50万円くらい稼げるようになりますので、他は不要と思っています。

スポンサーリンク

 

実際に私はいろんなツールを試してきた結果、上記ツールのみを使用して月収50万円稼げるようになったので、判断として間違えではなかったのかなと思っています。

 

ただ、こういったツールなどの変化は激しく、突然サービスが終了したりしますので、常に新しい情報収集をしておくことをお勧めします。

 

いきなりサービスが終了してビジネスで困らないように、そのあたりは事前準備が必要です。

 

 

ツールを100%信用してはいけない理由

ツールはあくまでツールです。

100%信用しないように注意してください。

Amazonの仕様変更などの影響でデータが間違っていることがあります。

比較的私がお勧めしたツールは制度が高いですが、仕様変更についていけてないツールはたくさんあります。

他のツールで実際にあったのが、データが全く違っていたにも関わらず鵜呑みにして大きな損失がでたこともあります。

 

なのであくまでもツールは参考程度にしておくようにして下さい。

 

因みにAmazonの仕様変更は頻繁に行われますので、ツールはそれに合わせていく必要性が出てきます。

 

仕様変更に追いつけないと、データの相違などが発生し、ツールとして使用できなくなります。

 

というわけで、信用できるツールだからといっても参考程度にしておくことをお勧めします。

 

 

まとめ

 

おすすのツールは4つです。

ツールはAmazonの仕様変更によって影響する

ツールは参考程度にする

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る