【Amazon輸入】無在庫販売をやってみよう

 

こんばんは、須藤俊彰です。

 

 

 

本日は、無在庫販売をやってみようというお話をしていきます。

 

 

 

 

無在庫販売とは

 

 

その名の通り、在庫を持たずに商品を販売することであり、お客様から注文が入ったら仕入れて販売する手法のことである。

 

 

 

 

無在庫販売のメリットとデメリット

 

 

Amazon個人輸入ビジネスというのは、必ずしも在庫を持たなければならないというわけではありません。

 

 

 

特に資金が少ないうちは無在庫転売を併用することで、より有利にビジネスを進めていくことができます。

 

 

 

 

無在庫販売のメリット

 

在庫リスクが少ない。

在庫スペースが不要。

テストマーケティングが行える。

 

 

 

無在庫販売のデメリット

 

キャンセル率が高い。

利益率が少ない。

利益率が低い仕入れ先の管理が必要。

 

 

 

無在庫販売の最大のメリットは、在庫リスクがないところです。

 

 

 

事前に商品を仕入れる必要がないので、資金額を超えた商品数を販売することも可能ですし、余分な在庫を抱え込まなくてすみます。

 

 

 

なにより、テストマーケティングとしても使えるのが、大きなポイントです。

 

 

 

まだAmazonで販売されていない商品などは、無在庫販売で反応を見て、売れることが分かったら在庫を持って販売するようにしましょう。

 

 

 

一方で、受注後にお客様からキャンセルが入りやすいことは、最大のデメリットとなります。

 

 

 

また、在庫販売に比べて、お届けまでの日数がかかるためショッピングカート獲得が難しくなり、その分価格を安く販売する必要があるので、利益率は下がる傾向にあります。

 

 

 

また、受注後に仕入れる際に在庫切れになっていたり、在庫はあっても価格が上がっている、というケースはよくあります。

 

 

 

さらには、注文をいただいたお客様から遅いなどのクレームが入ることも多々あり、トラブルに繋がる可能性も高く、最悪の場合はアカウント停止になるリスクもあります。

 

 

 

ですので、無在庫販売は本筋ではなく、テストマーケティングととらえ、まずは無在庫で様子を見ながら販売を行い、その中で売れる商品に絞って在庫を持ちFBAdで販売する、という使い方がベストです。

 

 

 

 

 

無在庫販売で注意すること

 

 

次に無在庫販売で注意することをお話していきます。

 

 

 

まず、なにより納期に余裕を持つことが大切です。

 

 

 

Amazon販売は、顧客満足度を下げないというのが最も大切なことですので、注文が入ったらこちらからキャンするすることなどはせず、必ず対応するようにしましょう。

 

 

 

中にはキャンセルを希望されるお客様もいますが、即座に受けるようにしましょう。

 

 

 

お客様は待っている間は、不安なものです。できるだけマメに連絡を入れることで、安心してお待ちいただくことができ、それがよい評価にもつながることが多いです。

 

 

 

 

 

  • 余裕を持った納期設定を行う
  • 注文が入ったらキャンセルしない
  • キャンセル依頼には即座に対応する
  • お客様にはこまめに連絡をする

 

 

 

 

というわけで、無在庫販売についてお話をしてきましたが、一つの戦略として取り入れることをお勧めします。

 

 

 

 

以上、最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

 

少しでも参考になれば大変嬉しく思います。

 

 

 

PS.AMAZONリサーチはアマテラスがお勧めです。

スポンサーリンク

 

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る