【Amazon輸入】商品の価格を自動調整しよう

 

こんばんはん、須藤俊彰です。

 

 

本日は、商品の価格を自動調整しようというお話をしていきます。

 

 

ツールを活用して効率的に販売していく

 

 

仕組化して一環してツールを活用して仕組化してみましょう。

 

 

その中でもここで紹介するのは、価格調整を自動で行うツールについてです。

 

 

複数の出品者が同じ商品ページで販売するのがAmazonです、という話はご存知だと思います。

 

 

そして、複数の出品者がいる中で有利に販売するためにはショッピングカート獲得が必須で、そのためには価格という要素が大きな

 

 

影響力があります。

 

 

ライバルが多く出品している中でカート獲得を狙うとなると、最安値にする必要はありませんが、FBAセラーの中では最安値をキープした

 

 

方がカート獲得率は上がり、早く売れていくということになります。

スポンサーリンク

 

 

反対にライバルが少ない場合、また、自分にしかいない場合は、価格競争する必要もありません。

 

 

そういう意味でもAmazonでの販売では、価格を常に調整することで、地益や回転率を上げていくことができるのです。

 

 

 

価格調整ツールに任せる

 

 

取扱商品が増えてくると、商品を管理することですら困難になってきます。

 

 

さらにすべての商品の価格調整を行うなど、時間もかかりますので、現実的には難しいです。

 

 

そこで価格調整ツールの登場です。

 

 

価格自動調整というのは、事前設定をしておけば条件に基づいてツールが自動的に価格を調整してくれるという大変便利なものです。

 

 

ここでは、「プライスター」というツールをご紹介します。

 

 

http://pricetar.com/lp/pricetarlp/

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

PS.Amazonリサーチはアマテラスがお勧めです。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る