【Amazon輸入】Amazon.co.jpに出品アカウントを作成する

こんばんは、須藤俊彰です。

 

 

本日は、Amazon.co.jpに出品アカウントを作成するというお話をしていきます。

 

 

 

 

Amazon.co.jpに出品アカウントを作成する

 

 

Amazonには2つの出品携帯があります。

 

 

 

日本のAmazon.co.jpに出品アカウントを登録します。

 

 

 

AmazonではAmazonマーケットプレイスで商品を販売することになりますが、Amazonマーケットプレイスには大口出品と小口出品の2つの出品形態があります。

 

 

 

大口出品は沢山販売する向け、小口出品は頻繁には販売をしない方向けの出品携帯です。

 

 

 

大口出品は、固定費が毎月必ず4,900円かかります。

 

 

 

小口出品は固定費用がかかりませんが、商品が1つ売れるごとに100円の成約料がかかります。

 

 

 

またいずれの場合も、販売手数料とカテゴリー成約料がかかります。

 

 

 

経費面で見ると月の販売個数が49個未満なら小口出品が有利ですが、違いはそれだけではありません。

 

 

 

小口出品では、販売できないカテゴリーがあります。

 

 

 

また、現在Amazonに登録されていない商品の新規販売ができません。

 

 

 

便利な一括出品ツールや注文管理レポートが利用できないというデメリットもあります。

 

 

 

何よりもAmazon販売でもっとも大事なショッピングカート獲得ができません。

スポンサーリンク

 

 

 

これはAmazon販売では致命的ですので、本格的に販売を行っていきたいのであれば、大口出品をお勧めします。

 

 

 

それでは、大口出品をお勧めする理由をお伝えします。

 

 

 

 

 

 

大口出品のメリット

 

 

・月額4,900円+販売手数料

大口出品では何個売れても月々4,900円です。

月に50点以上販売する場合は、大口出品のほうが費用を抑えることができます。

 

 

 

 

・一括出品ツールや注文管理レポートが利用できる。

一括出品ツールを利用することで、大量の商品をまとめて出品することができます。

また、Amazonでは、すべての販売データが記録されており、ビジネスレポートという形で見ることができます。

 

 

 

 

・小口では出品できないカテゴリも出品できる。

大口出品であれば、時計やアパレルといった、小口出品では販売できないカテゴリーにも出品できます。

出品には別途申請が必要な場合があります。

 

 

 

 

・カタログにない商品も登録できる。

Amazon.co.jpのカタログに掲載のない商品を、新規登録できます。

ただし、本、ミュージック、ビデオ、DVDのカテゴリーの商品は登録できません。

 

 

 

 

・ショッピングカートが期待できる。

ショッピングカートとは、その商品ページでカートに入れるをクリックすると、あなたの商品が選ばれる状態のことです。

このショッピングカートの獲得は、Amazon販売においてもっとも重要です。

 

 

 

というわけで、本日は出品アカウントについてお話をしてきましたが、迷った場合は思い切って大口出品を選ぶことをお勧めします。

 

 

以上、最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

PS.Amazonリサーチはアマテラスがお勧めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る