【Amazon輸入】仕入れるな!

こんばんは、須藤俊彰です。

 

 

 

本日は、仕入れるな!と言うお話をしていきます。

 

 

 

仕入れるな!

 

 

 

転売をするには商品を仕入れて、販売しなければなりません。

 

 

 

そして基本的には仕入れたら仕入れた分利益が上がるものです。

 

 

しかし、今回は仕入れるな!というお話をしていきます。

 

 

 

仕入れるなと!と言っても売れている商品であれば1つくらいなら問題ありません。

 

 

 

しかし1商品で多くを仕入れてまうと、あなたと同じように仕入れる人が続出し、価格競争が起こり、結果利益が出なくなってしまいます。

スポンサーリンク

 

 

 

その為、1商品あたりに多くを仕入れることはリスクがあります。

 

 

 

もちろんその商品があなたしか販売できなかったり、あなたしか仕入れができないという条件であれば私の話は無視して下さい。

 

 

 

だいたいの単純転売は多くの人が仕入れることができ、多くの人が販売することができます。

 

 

 

そういった商品の場合は少しずつ仕入れるようにすることによってリスク分散しましょう。

 

 

 

非効率のように思いますが、ライバル増加、価格競争を避ける為の対策なので、地道にいきましょう。

 

 

 

 

というわけで、仕入れるな!というお話をしましたが、その商品をに応じて対応していくことをお勧めします。

 

 

 

 

以上、最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

PS.Amazonリサーチはアマテラスがお勧めです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る