【 Amazon輸入】国内メーカー取引は面接がある

 

こんばんは、須藤俊彰です。

 

 

本日は、国内メーカー取引は面接があるというお話をしていきます。

 

 

国内メーカー取引は面接がある

 

メーカー仕入れ実践者はメールや電話などガンガン実践していると思いますが、国内メーカーの場合は面接がある場合があります。

 

 

販売先の担当者がどんな人か、事務所がどこにあってどこで販売するのか、年間どれくらい買って貰えるかなどをお話します。

 

 

私も面接を何度も受けたことがありますが、この面接で受け答えがしっかりできたら契約してもらえるケースがほとんどです。

スポンサーリンク

 

 

中にはたまに本社の承認が得られず断念するケースもありましたが、だいたいは面接がパスできたら契約してもらえます。

 

 

面接時に準備しておくのは以下です。

 

スーツ着用できればネクタイ付き

髪型セット

時間厳守

ビジネスに適した場所をチョイス

 

 

事前に話す内容を纏めておいてしっかりと受け答えができればバッチリです。

 

 

というわけで本日は以上です。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る