【Amazon輸入】儲かる商品の探し方

こんばんは、須藤俊彰です。

 

 

本日は、儲かる商品の探し方というお話をしていきます。

 

 

 

【商品検索】

 

 

 

 

ASINコードで検索しよう

 

 

Amazonには「ASINコード」という独自の商品コードが存在します。

 

 

ASINはAmazon Standard Identification Numberの略で、世界中のAmazonが取り扱う、書籍以外の商品を識別する10桁の番号です。

 

 

なので、このASINコードを利用することで、世界中のAmazonで同一商品を簡単に見つけることができます。

 

 

ASINコードは商品ページの登録情報の欄に記載されていますので、確認してみて下さい。

 

 

基本的にこのASINコードを使って商品リサーチをしていきます。

 

 

 

JANコードで検索しよう

 

 

次はJANコードという番号を使います。

 

 

ASINコードで検索できない番号は、JANコードで検索してみて下さい。

 

 

JANコードは日本国内のみの番号ですが、アメリカ、カナダはUPCコード、その他国際的にはEANコードと呼ばれています。

 

 

因みにすべての商品にJANコードは付与されていませんので、ないものもあります。

 

 

あったらラッキーくらいの気持ちでいて下さい。

 

 

 

商品名で検索しよう

 

 

最後に、ASINコードでもJANコードでも検索できない場合は商品名で検索してみましょう。

 

 

これは、完全にマニュアル入力となりますので、ASINコード、JANコードで、検索しなかった最後の手段で使ってください。

 

 

未だに謎なのですが、Amazon日本と海外のAmazonでは、すべてのASINコードが共通ではないので注意してください。

 

 

商品名での検索は少し時間かかるのですが、やり方としては、日本語文字を除いた商品名で検索したり、メーカー名+型番などで検索してみて下さい。

 

 

もし、商品ページに英語表記がない場合は、めんどくさいですが、Googleなどで検索して、英語表記にして検索してみて下さい。

 

 

というわけで、商品検索についてお話をしてきましたが、商品名で検索するのは時間が掛かりめんどくさい作業ですが、めんどくさいと思う分、ライバルが少ない可能性が高いですので、

 

 

めんどくさがらずに同一商品を検索することをお勧めします。

 

 

 

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

 

PS.Amazonリサーチはアマテラスがお勧めです。

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る