【Amazon輸入】メーカー契約書の書き方

 

こんばんは、須藤俊彰です。

 

 

本日は、メーカー契約書の書き方についてお話をしていきます。

 

 

メーカー契約書の書き方

 

 

具体的に表面約款に何を書けばいいのかをお伝えします。

 

 

品名

 

品名を簡潔に記載します。

 

品名が多い場合は、別途のオーダーシートを添付したので参照するようにと指示をします。

 

この場合、次のように記載します。

As per attached Order Sheet

 

品質条件

 

品質そのものの条件に関しては、As per the samples submittedと記載することを勧めます。

 

これは品質メーカーの担当者の主観で左右されることが多いからです。

 

本格輸入の前に必ずサンプルを入手しておくことが大事です。

 

数量

 

国際取引で使用される単位で記入します。

 

代表的なものは次の通りです。

 

  1. ダース
  2. 長さ
  3. 重さ

 

単価

 

事前に合意した単価を記載します。

スポンサーリンク

 

円建てなら円、米ドル建てなら米ドルを表示します。

 

 

総額

 

合計金額を記入します。

 

 

貿易条件

 

これも重要な項目です。

 

 

支払い条件

 

支払いをどういった方法でするのかを示している部分です。

 

前金30%、船積み後70%というの書き方をします。

 

 

船積み日

 

納期は重要なポイントです。

 

 

仕向け地

 

貨物の仕向け地がどこかを規定します。

 

 

荷印

 

通関時の貨物の特定、船積書類との照会の為に必要なものです。

 

あなたが相手に対して指示をした方がいいでしょう。

 

表面約款にサインをして発注すると、向こうからプロフォーマインボイスという見積書が届きます。

 

そこから商品を取りに行くという作業になります。

 

 

少しでも参考になれば大変嬉しく思います。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

PS.Amazonリサーチはアマテラスがお勧めです。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る