【Amazon輸入】検品は納品先の小売店や問屋に任せる

 

こんばんは、須藤俊彰です。

 

 

本日は、検品は納品先の小売店や問屋に任せるというお話をしていきます。

 

 

検品は納品先の小売店や問屋に任せる

 

 

海外から輸入した商品を小売や問屋に納品する際、商品の検品義務は請け負った側にあります。

 

 

つまり、インポーターが検品すべきです。

 

 

しかし、私は、商品の検品を納品先の小売りや問屋さんに任せていました。

 

 

なぜなら、検品した商品が不良品として返ってきたことがあったからです。

 

 

商品を調べてもどこも不良品ではありません。

 

 

どこが不良で返してきたのですか?

 

 

箱が不良品です。

 

 

検品をする際に一度箱を開けます。

 

 

その一度箱を開けたことで、その商品は不良となされたのです。

スポンサーリンク

 

 

日本では箱も商品の一部ですから、箱に開けた感が残っていると、それが原因で返品されてしますことがあるのです。

 

 

製造メーカーでもない限り、検品は難しいのです。

 

 

ですがから、納品先の小売店、問屋さんに検品をお願いするのがベストです。

 

 

不良等があれば全面的に返品も交換も受け付けます。

 

 

と約束しておけばいいのです。

 

 

返品を受け入れる覚悟を伝えれば、検品を引き受けてくれます。

 

 

現実的には、不良品は小売店の段階で分かることが多いのです。

 

 

日本はパッケージも商品の一部ですから、何かあった時には全面的に責任をとることを伝えて、納品先で検品してもらうようにしましょう。

 

 

というわけで本日は以上です。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

PS.Amazonリサーチはアマテラスがお勧めです。

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る