【Amazon輸入】同一商品ページに気をつけよう

こんにちは、須藤俊彰です。

 

本日は、同一商品ページに気をつけようというお話をしていきます。

 

 

写真を見ただけで判断できるのであれば、間違える可能性は低いのですが、ぱっと見同じ商品で、サイズや種類や原産国が違う場合がありますので、同じような商品ページがあったり、仕入れ

 

 

をする際は慎重に見極めることをお勧めします。

スポンサーリンク

 

 

 

【ASINやJANコードで検索をしよう】

 

 

これはリサーチの基本ですので、ほとんどの方がASINやJANコードでワンクリック検索をしていると思うのですが、中には検索できない商品があると思いますが、そういった商品を仕入れる

 

 

際に要注意です。

 

 

その際は、商品名などで検索しますので、どうしても完全一致でない場合が出てきます。

 

 

すると、似たような商品を誤って購入して、後々にトラブルとなり、結果、在庫を抱えるなどの時間とお金を失ってしますというケースにもなってしまいます。

 

 

ですので、商品名などで検索する場合はくれぐれも注意して仕入れをしてください。

 

 

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

PS.アマゾンリサーチはアマテラスがお勧めです。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る