【 Amazon輸入】メーカー契約が主流

 

こんばんは、須藤俊彰です。

 

 

本日は、メーカー契約が主流というお話をしていきます。

 

 

メーカー契約が主流

 

メーカー契約ノウハウが主流となり、アプローチするメーカーが既に取引できない状態になっている昨今です。

 

 

またやられたの連発で悔しい日々を送っています。

 

 

ここで感じることですが、資金を貯めて早めから上流取引をした方が良いということです。

 

 

メーカーは山ほどあるとはいえ、早いもの勝ちみたいなところもあったりしますので、極力早い方が有利かと思います。

スポンサーリンク

 

 

全てが早いものが勝ちというわけではないのですが、圧倒的に有利です。

 

 

しかし、これが海外の場合は頻繁に独占販売先も移り変わるのでチャンスが常にあるということになります。

 

 

私も仕入先が独占販売していたのですが、その仕入先が急に独占販売権を失ったと連絡があり、急に仕入れができなくなったのを今でも覚えています。

 

 

こんな感じでメーカー仕入れが当たり前のような時代に突入しているので、あなたもいち早く資金を貯めてメーカー取引をすることをお勧めします。

 

 

少しでも参考になれば嬉しく思います。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る