【Amazon輸入】国内メーカーへの支払い

 

こんばんは、須藤俊彰です。

 

 

本日は、国内メーカーへの支払いというお話をしていきます。

 

 

国内メーカーへの支払い

 

 

国内メーカーへとの取引は基本的に銀行振り込みでプラス手数料を支払う形がベースになります。

 

 

資金があれば一度に3か月分仕入れて販売するという手法がありますが、多くの方が副業でやっているなどの状況でなかなか資金がなかったりする状況です。

 

 

なので、直近で必要分を仕入れて販売するというスタンスをとっていると思いますが、毎回都度注文して手数料や送料を払うのは非効率的だと思います。

スポンサーリンク

 

 

なので、ある程度仕入れをして関係を築いたら月末締めの翌月払いなどにするように相談してみることをお勧めします。

 

 

関係性が構築していればメーカー側もその方が助かると思いますので、お互いメリットがあると思います。

 

 

しかし、取引し始めであなたの信用がなければ少し時間を要するかもしれません。

 

 

というわけで、ただ仕入れて販売するだけではなく、見えないところでの経費時間などの削減をしてみるとそれ以外に時間を費やせてより良くビジネスが進むかもしれません。

 

 

以上、最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

少しでも参考になれば大変うれしく思います。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る