【 Amazon輸入】国内メーカー取引の必要条件

 

こんばんは、須藤俊彰です。

 

 

本日は、国内メーカー取引の必要条件というお話をしていきます。

 

 

国内メーカー取引の必要条件

 

 

メーカー取引には様々な条件が各社にあります。

 

 

誰でも契約してくれるメーカーもあれば、1個から取引可能というメーカーもあります。

 

 

ロット数が決まっていてロット単位販売のみのメーカー、個人にはそもそも販売しないなど、様々だと思います。

 

 

先日国内メーカーの方とお話する機会があり、メーカー取引に必要な条件は何か?

 

尋ねてみたところ、以下のように回答がありました。

 

 

確認ポイント

法人で従業員がいるか?

自宅は持ち家か?

結婚して家族はいるか?

 

 

これらはマストではないにいろこういった項目を重視していることもあるそうです。

スポンサーリンク

 

 

要するに信用がある人間か?

 

 

一人で仕事をして借家暮らしだと身軽で逃げるというリスク回避をしているようです。

 

 

従業員や家族がいればそのようなことをする確率はひくいですし、持家でしたら逃げようがないのでメーカーも考えています。

 

 

ここでできることであれば、個人よりかは法人の方が信用は少しは増します。

 

 

個人で3年やり、法人化するメリットがあればやった方がいいですね。

 

 

個人でも取引をしてくれる企業もありますが、全体的には法人の方が契約してくれる企業は日本では多いと思うのが私の印象です。

 

 

というわけで、個人である程度結果を出せたらさらに加速させるためにも法人化などを検討してみるのも次のステップかもしれません。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る