【Amazon輸入】リサーチから販売まで完全自動化する

 

こんばんは、須藤俊彰です。

 

 

本日は、リサーチから販売まで完全自動化するというお話をしていきます。

 

 

リサーチから販売まで完全自動化する

 

 

Amazonだけで販売しているうちは、セラーセントラルだけで管理ができますが、ヤフオク!や楽天市場・独自ネットショップなど販売サイトが増えるのに

 

 

比例して、在庫や受注管理が煩雑になってきます。

 

 

ここで便利なのが、複数の販売サイトを一括で操作・管理できる「一元管理ツール」です。

 

 

SAATS Commerce

http://saats.jp/join/saatscommerce/index.html

 

 

出品・受注管理だけでなくリサーチにも使える一元管理ツールです。

 

 

国内販売に加え、Amazon.comやebayまで含めたトータルの管理が可能です。

 

 

ネクストエンジン

http://next-engine.net/

スポンサーリンク

 

 

一元管理ツールとしては国内導入社数No1という信頼性の高いツールです。

 

 

受注、在庫管理だけでなく、FBAの在庫データもあわせて管理できます。

 

 

ここからさらに完全自動化してくために、すべてを管理する「マネージャー」を置きます。

 

 

基本的にパートナーと代行業者のやりとりは、あなたではなくマネージャーが行うことになり、いよいよ完全自動化が完成へと向かいます。

 

 

マネージャーは1人とは限りません。

 

 

私の知り合いは3人のマネージャーに30人の外注スタッフという構成でビジネスをしている方もいます。

 

 

あなたの理想とする形に進化させていきましょう。

 

 

本日は以上です。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

PS.Amazonリサーチはアマテラスがお勧めです。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る