年上の女性への効果的なアプローチ法【経験値が増えてレベルアップ】

Love

年上の女性にアプローチしたい人「年上の女性と付き合いたい。気になる年上女性がいるので、効果的なアプローチ法や口説き方が知りたい。LINEの使い方やデートから告白までのテクニックを教えて欲しいです。」

こういった疑問に応えていきます。

本記事の内容

  • 年上女性と付き合うための効果的なアプローチ法
  • 年上女性とのデートから告白のテクニックを紹介
  • 年上女性と付き合うと経験値が増えます

年上女性と付き合うための効果的なアプローチ法

年上女性と付き合うための効果的なアプローチ法は以下3つが有効的です。

  • 積極的に話しかけて認知してもらう
  • 年下を感じさせない頼れる男になる
  • 先輩に年上女性の話を何度もする

それでは順番に解説します。

積極的に話しかけて認知してもらう

まずは自分から話しかけて相手に認知してもらうとこから始めます。

年上の女性は年下男性に関心がない人が多いです。

なので、相手に存在を知ってもらうことは重要なことです。

どうやって認知してもらうか?

あいさつをしたり、世間話をしたりなんでもいいので、自分から積極的に声をかけましょう。

例えば職場であれば必ず自分からあいさつをします。

女性を探しに行ってあいさつするぐらいでもいいです。

あいさつの次は世間話をしたり、相手のことを聞いたりして会話をしましょう。

「年上女性に話しかけるのは少しハードルが高いなー」っていう自分から話せない人は

同僚や先輩と一緒に話しかけに行ったり工夫しましょう。

もしくは仕事の話を理由に声をかけると必ず会話してくれるので、仕事を理由に声かけてみてください。

職場が違う場合は、LINEを積極的に活用します

基本的にこちらから連絡するスタンスになると思います。

返信が遅かったり、既読無視されたりするかもですが、めげずに頑張りましょう。

年上女性を振り向かせるには最初が難関です。

若さと忍耐力を使って乗り切りましょう。

LINEを使う際の注意事項ですが、一方的にラインをしたり、マナーが悪い時間に電話したりするモラルのない行動はしてはいけません。

特に年上女性はモラルのない人を嫌います。

マナーを守った積極的なLINEや電話はオッケーです。

相手が嫌がっていたら即やめましょう。

年下から積極的にグイグイ来られると、多少気持ちが揺らぐことがあるので、誠実な対応を続けることがポイントです。

頼れる男になる

年下と思わせないくらい頼れる男になりましょう。

女性は年上男性を好む傾向があります。

理由は大人で自分をリードしてくれるからです。

逆に年下男性は子どもっぽくて、頼りない印象があるため、比較的年上女性に相手にされにくいです。

ですが、年下でも頼れる大人の男になれば、相手女性も「おや?」となるはずです。

頼れる大人の男とはどんな人か?

ぼくが思う頼れる大人の男の定義は以下3点です。

  • 落ち着いている
  • 決断力がある
  • 包容力がある

落ち着いている

一言で落ち着いていると言いましたが、以下が当てはあります。

・言葉使い
・服装
・マナー

これらは年上女性と付き合うには最低限必要なスキルになります。

必要なスキルがないと年上女性と付き合うのは難しいでしょう。

なぜなら子どもを相手にしたくないからです。

一緒にいる自分が恥ずかしくなりますよね。

中には子どもみたいな年下の人がいい人もいますが、少数派です。

なので、まずは落ち着きがある男になりましょう。

決断力がある

決断力は重要です。

どこかへ行くにしろ、何を食べるにしろ、決断しなければなりません。

ここでサクッと決断する力があると、女性を引っ張っていくことができます。

反対に決断できず悩んでいたら、女性を引っ張ることができないです。

先ほども言いましたが、女性はリードされたい人が多いので、ナヨナヨしてる人は嫌われてしまいます。

重要なことを除き、物事をサクッと決めれるようにしておくと、

女性をリードできるようになり、女性から男らしいと思われるようになります。

目安としては3秒以内に決めましょう。

包容力がある

女性は包容力がある大人の男性が好きです。

誰しも良い面と悪い面があります。

それを含めて理解してくれる人男性がいいです。

相手の良い面だけを見るのではなく、悪い面も含めて好きですか?

悪い面も許せるくらいの包容力があると女性から支持されます。

広い心を持てるように接してみてください。

先輩に年上女性の話を何度もする

これはかなり有効的なテクニックです。

自分から年上女性に声をかけられない人はぜひ活用してください。

仲の良い同僚や友達、あとは先輩を活用しましょう。

活用するというと聞こえが悪いですが、協力してもらいましょう。

スポンサーリンク

ですが、ここでは活用の方がいいです。

理由は後で記述します。

具体的にいうと、先輩や同僚に「今日の○○さんめっちゃキレイですね〜」など言いまくりましょう。

毎日、毎回「今日○○さんの服装可愛かったです。」など言いまくりましょう。

そうするとどうなるか?

どこかのタイミングで先輩や同僚が○○さんに伝えるタイミングが出てきます。

これは先輩や同僚があなたのことをイジるために、年上女性に伝えるのです。

飲み会の時やあなたの目の前の時に伝えてネタにして盛り上がりたいのです。

先ほどの活用とはネタにしてもらうための種まきです。

毎日のようにタネを巻いておくと、ふとした時に先輩や同僚がネタにしてくれてきっかけを作ってくれることがあるのです。

お節介な先輩ですと、食事会を開いてくれたりするでしょう。

こんな感じで周りを活用するのはかなりの近道です。

年上女性とのデートから告白のテクニックを紹介

デートをする際は自分から誘いましょう。

年上女性でも男性から誘われたいものなので、積極的にデートの誘いをしてみてください。

反応が微妙な場合、友達を誘って複数人で食事やカフェをするなども考えてみてください。

デートの誘い方はストレートに相手に伝えましょう。

例えばこんな感じ。

  • 今度一緒にオシャレなカフェに行きませんか?
  • 美味しい焼肉屋知ってるので、一緒に行きませんか?
  • 最近できたあそこの店に一緒に行きませんか?

相手の女性が行きたくなるような場所に連れていくのがポイントです。

最初のデートは重要なので、特に気合い入れた方がいいです。

1回目が微妙だと2回目に繋がらないからです。

最初のデートのミッションは2回目のデートに繋げることです。

そのためだけに1回目のデートに注力しましょう。

女性が1人で行ける場所や友達同士で行く場所なら、あなたと行く意味がありません。

男性に誘そわれて行く場所を選んでおくと、女性はついてきてくれる確率が上がります。

最初のデートは費用が掛かるかもですが、超重要なので行く場所を決めたら

ストレートに誘ってみましょう。

相手から承諾を得られたら、日程と時間を決めて予約をしましょう。

デートの日程と時間はすぐに決めた方がいいです。

理由としては他の予定が入ったり、行くのがめんどくさくなると行く機会を失うからです。

行きたい気持ちがあるうちに早めに日程調整をして、お店の予約を取っておくようにしましょう。

お店の予約を取ると、相手から「ありがとう」と言われますし、予約をしておくとドタキャン防止に繋がるからです。

「もう予約をしてしまったから行こう」という気持ちになります。

デートを誘う時はサクッと誘って予約をしましょう。

告白するタイミング

告白するタイミングは3回目のデート後にしましょう。

大人のデートで引き伸ばす必要はありません。

3回もデートしてくれて次のデートもしてくれる感じであれば、素直に相手に告白してみましょう。

3回もデートしてくれるならだいたいオッケーしてくれるはずです。

年上女性には、直接相手の目を見て告白するようにしてください。

メールや電話より直接相手に伝えるのがポイントです。

年上女性は相手が年下だと、「本気で付き合いたい」と思っているのか確かめようとします。

確かめるには相手の表情などを確認しながら直接話す必要があります。

そのためにも告白するときは直接伝えると効果的です。

年上女性と付き合うと経験値が増えます

年上女性と付き合うと今まで経験したことないことを経験することができます。

同年代同士で遊ぶと、やることや考えることが同じで行動範囲が偏ってきます。

ですが年上女性の場合、自分より年を重ねて経験をしている分、違った考えを持っています。

女性が年上男性を好むのは自分より経験値が高いので、年上男性を好むのでしょう。

なぜならいろんな経験ができたり、知見が広がるからです。

これと同じで年上女性と付き合うと、自分より経験値が高い分、経験したことのないことを楽しめる機会が増えます。

例えばこんな感じ。

  • 行ったことのないところにいく
  • 美味しいレストランを教えてもらう

年上女性が経験したことを教えてもらえたり、一緒に体験することができるので勉強になることや新たな発見につながります。

年上女性と付き合うことによってあなた自身もレベルアップすることがあります。

ぜひ年上女性へアプローチを成功させ、付き合ってみてください。

スポンサーリンク