ミックスナッツで便秘予防!食物繊維が多く含まれるナッツの栄養と健康効果とは?

Life

健康志向な人「最近便秘が気になるなー便秘を解消する方法や効果的な方法などあれば教えて欲しいです。」

この記事を書いている僕はナッツを食べ続けて3年が経ちます。男性なので、便秘とは無縁です。

こういった疑問に応えていきます。

本記事の内容

  • ミックスナッツを食べると便秘予防に繋がります
  • ナッツは食物繊維がたっぷり含まれています
  • ナッツの栄養と健康について

ミックスナッツを食べると便秘予防に繋がります

便秘とは排便回数が少なく、便が出にくいことで、便の硬さによって症状が左右されることが多いです。主に3日以上排便がない状態や毎日排便があっても善意感がある状態のことを便秘と定義されます。

便秘には大きく3種類あります。

  • 弛緩性便秘
  • 直腸性便秘
  • 痙攣(けいれん)性便秘

日本人の便秘の中で最も多いのが弛緩性便秘です。

病気由来ではなく大腸の機能低下などが原因で引き起こされる機能性便秘です。

しかし、弛緩性便秘についてはナッツで便秘解消できます。

弛緩性便秘とは

弛緩性(しかんせい)便秘とは主に女性や高齢者に多く、腹筋の低下などにより大腸の便が押し出せず、「腸が動かない」状態になります。

動かない腸を動かすようにするには、腸を刺激してあげることが効果的です。

そこで、腸を動かすのに必要なのが「ナッツ」です。

ナッツとは木の実や種、豆などですが該当しますが、その中でもアーモンドやくるみなどのナッツ類には、食物繊維が豊富です。

食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があり、ナッツ類に多いのは主に不溶性食物繊維です。これは腸内で水分を含んで大きくなり、腸の動きを活発化して便通をよくしてくれます。

また腸の善玉菌を増やして腸内環境を整える効果もあります。

もちろん、割合としては少ないものの水溶性食物繊維も含まれています。これは胃腸をゆっくり移動し、糖質の吸収を緩やかにしてくれる働きがあります。

そのため、ナッツを食べることによって便秘予防に効果があリます。

ナッツの中で、最も便秘に効果があるのがこちらです。

  • クルミ
  • ピスタチオ
  • アーモンド
  • カシューナッツ

上記が入っているミックスナッツを食べると間違いないですね。

ちなみに僕が食べているミックスナッツはこちらです。

選んでいるポイントは無添加無塩で植物油脂なども使用していないところがいいですね。
あと、定番の3種類(クルミ、アーモンド、カシューナッツ)が入っているので、栄養素などもバッチリです。

スポンサーリンク

ナッツは食物繊維がたっぷり含まれています

アーモンドやくるみなどのナッツ類には、食物繊維が豊富です。

食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があり、ナッツ類に多いのは主に不溶性食物繊維です。

これは腸内で水分を含んで大きくなり、腸の動きを活発化して便通をよくしてくれます。また腸の善玉菌を増やして腸内環境を整える効果もあります。

例えばアーモンド1粒あたり、約0.1gの食物繊維が含まれています。

コンビニやスーパで売られているアーモンド1袋100gを適切に摂取することで、不足しがちな食物繊維を手軽に補うことができます。

1日に必要な食物繊維量はどれくらいか?

1日に必要な食物繊維量はアーモンド20粒を目安にするといいです。

食物繊維をたくさん取りたいからといって食べすぎてしますと、便をや柔らかくする働きがある水溶性食物繊維によってお腹を壊して下痢になったり、逆に便のかさを増す不溶性食物繊維の働きによって便秘が悪化することもあるので、食べ過ぎは気をつけましょう。

あと、アーモンドはカロリーが高いので、食べすぎると体調を悪くするだけでなく、太ることもあります。

ナッツの栄養と健康について

アーモンドなどのナッツは不足しがちな食物繊維が豊富に含まれており、健康な体を作るためにはとても重要です。

適正な量を守って食べれば、ダイエットや便秘にも高い効果を発揮します。便秘が解消されるとお肌にも影響が出てくるのでより美しい肌に生まれ変わることができます。

小腹が空いた時や仕事の合間、ダイエット中の間食としても摂取することで、活用できますので、ぜひアーモンドなどのナッツを食べて健康的な体を作ってみてください。

スポンサーリンク