口周りの肌荒れについての原因と対策【生活習慣の改善が重要】

Beauty

口周りの肌荒れが気になる人「口周りの肌荒れの原因と対策が知りたい。最近毎日マスクをしてるから肌荒れと関係しているのかな?口周りの肌荒れとマスクの関係性についても知りたいです。」

こういった疑問に応えていきます。

本記事の内容

  • 3つの肌荒れの原因
  • 肌荒れの対策は生活習慣の見直しです
  • マスクの相性が悪いと肌荒れします

この記事を書いているぼくは、日々肌に気をつけており、周りの人から『肌が綺麗』と言われたことがあるので肌には自信があります。

ぼくが実践してることを真似するだけで、肌が綺麗になれるでぜひ真似してみてください。

3つの肌荒れの原因

肌荒れの原因を3つ紹介します。

  • 乾燥
  • 不規則な生活
  • 紫外線

乾燥

室内は暖房やエアコンをつけることが多いため、湿度が低下して肌が乾燥しやすい環境になります。

スキンケアをせずに寝ると肌のキメが荒くなり、水分が失われた肌になってしまいます。

すると肌荒れが起きたり、肌に影響してきます。

エアコンなどをつける際は湿度を考慮し、

肌には保湿クリームなどをつけることを忘れないようにすると、

肌荒れを防ぐことができます。

不規則な生活

仕事や家事が忙しく生活リズムが不規則な場合、

もしくは偏った食事が続き、栄養不足だと肌荒れの原因になります。

また、夜中までスマホを見て睡眠の質を下げると、寝不足に繋がります。

個人差はありますが、睡眠不足や栄養不足は肌荒れしやすいため、

翌日にはわかりやすく肌荒れやニキビができることが多いです。

忙しくても最低限の栄養と睡眠を確保して、肌荒れ防止をしましょう。

例えば、忙しくて食事が偏る場合、

休みの日に栄養価があるものを作って冷凍したり、宅配で栄養価のものを食べる。

栄養価の高い宅配で人気なのは、

例えばこちらのFIT FOOD HOMEです。

30代女性に人気です。

栄養価があって便利ですが、味も美味しくて評判です。

忙しくて食事が偏っている方は、ぜひ今すぐチェックしてみてください。

→忙しくて栄養不足の人はこちら

紫外線

紫外線は肌トラブルや老化の原因になります。

紫外線はシミ以外にも肌のハリ、水分保持力の低下、赤み、炎症、乾燥につながります。

実は紫外線は1年中降り注いでおり、冬の寒い日にもあります。

紫外線対策は夏以外にも対策して油断しないようにしましょう。

どんな対策をしたら良いか?

外出する際は日焼け止めを塗る。

市販に売っている日焼け止めクリームを全身に伸ばして使いましょう。

また、日差しが強い時は帽子や日傘などを使うと効果的です。

日焼け止めクリームを塗ったから安心ではなく、それ以外でも対策をしておきましょう。

日焼け止めクリームは汗で簡単にとれてしまうので、要注意です。

肌荒れの対策は生活習慣の見直しです

スポンサーリンク

肌荒れ対策は、生活習慣の見直しが効果的です。

結局のところ、肌荒れの原因は栄養不足のことが多いからです。

振り返ってみると、「最近野菜食べてなかった」「最近外食ばかりだった」などのことが多いです。

であれば、すぐに食生活を改善して肌荒れ防止につなげましょう。

身体は普段の食事から作られます。

同じ食事でも栄養素をとっている食事とそうでない食事では、肌の状態は大きく変わります。

どんなものを食べたらいいかわからない人は、とにかくこちらを食べましょう。

  • 野菜
  • 果物
  • 肉、魚
  • 大豆類

バランスよくこれらを食べておけば、栄養不足になることはないです。

毎食の栄養を見ながら自分は今どんな栄養を取り入れているのか?

そして今日はどの栄養が足りてないのかを考えながら食事をすると、

次にどんな栄養素の食べ物を食べた方が良いかがわかるようになり、

栄養不足、肌荒れ防止に繋がります。

もう少し肌荒れにならない食事について深掘りします。

必要な栄養素と肌に直接栄養を与える腸内環境についてです。

必要な栄養素

必要な栄養素をこちら。

  • たんぱく質
  • ビタミンC
  • ビタミンB

たんぱく質

たんぱく質は、皮膚や筋肉を作る重要な栄養素です。

取り入れる食材は肉、魚、大豆、乳製品です。

これらを食べて取り入れましょう。

特にオススメが魚です。

魚にはオメガ3の良質な油が含まれおり、体や肌の炎症の改善に効果があると言われています。                                  

ビタミンC

ビタミンCは抗酸化作用やコラーゲン繊維を作る際に使われる重要な栄養素です。

毎日の食事で野菜や果物から少しずつ摂取しましょう。

ビタミンB

ニキビや吹き出物が気になる方はビタミンBを摂取しましょう。

ビタミンBは納豆、卵、豚肉、うなぎから摂取できます。

ビタミンBは皮脂をコントロールしたり、肌のターンオーバーをしてくれるからです。

それと、ビタミンEや食物繊維も吹き出物やニキビに効果あるので、一緒に取り入れるとより良いです。

腸内環境

腸内環境が悪いと、肌荒れや肌に悪影響します。

腸内環境を整えるためには、発酵食品を食べるようにしましょう。

発酵食品はヨーグルト、納豆、チーズ、キムチなどです。

あと腸内細菌のエサは食物繊維なので、同時にとるとより効果的です。

食物繊維が含まれているものは、野菜や果物、海藻などです。

マスクの相性が悪いと肌荒れします

マスクをする機会が多くなり、マスクと肌の相性が悪くて肌荒れすることがあります。

理由が以下3つです。

  • マスクによる蒸れ
  • 蒸れて雑菌の繁殖
  • マスクと肌の摩擦

特にマスクが群れてニキビができることが多いです。

また、口周りや鼻にニキビができた時は、マスクで擦れないようにしましょう。

マスクで擦れてニキビが治りにくかったり、場合によっては悪化することもあります。

マスクをしながら肌荒れしない対策

ニキビができる傾向として、不織布マスクを使用している時です。

不織布マスクは肌に合わないとかゆくなります。

不織布マスクが合わない人は、ガーゼマスクを使うと肌荒れを防ぐことができます。

ガーゼマスクは不織布マスクより肌に優しく、通気性が良いのでつけ心地も気持ちよく柔らかいです。

マスクで肌荒れする場合、マスクをガーゼマスクに変えてみてください。

不織布マスクを使わなければならない場合、最初にガーゼマスクをしてその上に不織布マスクをすると外から見てわかりません。

ぜひマスクを買えて対策してみてください。

スポンサーリンク